あなたはどんなことを”残酷”だと思いますか。

地球と生きる

最近一番、残酷だな、と感じたニュースを思い出してみてください。

命が奪われた時、しかも無慈悲なやり方で奪われた時、多くの方は「残酷だ」と言うでしょう。

 

これは私のごく身近で起こった、残酷な”殺し”のお話。

ただし、殺されたのは人ではなく、鶏。

殺したのも人ではなく、蛇。

 

 

そう聞いて、どう思いましたか?

安心しましたか?

なぁんだ、と思いましたか?

大げさだ、と思いましたか?

 

 

犯行現場は鶏小屋。

被害者は生後二ヶ月弱の幼い鶏。

時刻はお昼少し前。

犯人は1.5mクラスのアオダイショウ。

 

現行犯逮捕するも、鶏は既に死亡していました。

現行犯逮捕した蛇。身長157cmの私とほぼ変わらない体長です。

凶器は蛇の胴体。

体長20cm程の鶏に、1.5mの大蛇がグルグルに巻きついて、絞め殺したのです。

 

現行犯逮捕したのは、私自身。

犯行現場を目の当たりにした時、起こった感情は、「なんて残酷な」ということでした。

一日中、犯行現場の光景が目に焼き付いて離れず、亡くなった鶏のことを思い出しては悲しく、助けてやれなかった自分を悔いていました。

 

そしてその日の晩、夕飯を作ろうとしていた時、キッチンに置いてあった卵を見て、あることに気づきます。

 

『あれ、もしかして、鶏からしたら、蛇も人間も大して変わらないんじゃない?』

 

せっかく産んだ卵をくすねていって、食べてしまう。蛇も人もおんなじ。

せっかく育った鶏を殺して、食べてしまう。蛇も人もおんなじ。

生まれたばかりのヒヨコ。温めればヒヨコが生まれる卵も、あがらとでは日常的に食べています。

あれ?じゃぁ昼間の蛇は残酷?

だとしたら、私たちも残酷???

 

たぶん、残酷なんだと思います。

ただ、普段はその現場が見えないから、都合よく忘れてしまえるだけ。

 

自分たちが生きるために、他の命をいただくのは必然です。

それは、蛇も人間もおんなじ。

蛇は、命を絶つ残酷な現場を自ら背負って、自らの命を紡いでいるだけ。

人はその残酷な現場を人任せにしているから、残酷でないフリができるだけ。

 

蛇を悪者にして自分は被害者ぶるなんて、とんだ偽善だったと気付かされたわけです。

 

 

 

自然に近いということは、命の連鎖を目の当たりにするということ。

それは辛くもあり、命と向き合う大切な経験でもあります。

それを”残酷”というのなら、生きるとは残酷なことなのでしょう。

まだ自分たちの運命を知らない鶏三兄弟。ふわふわで可愛い。

 

関連記事一覧