活動概要

人と自然に垣根のない和歌山県の山奥から

和歌山県の南のほう、古座川町という山間の町で、私たち『あがらと』は活動しています。

東京23区の半分程の広さに、人口はわずか2700人程度(2019年現在)

面積の96%が山林で、数々の清流に恵まれ、人よりも鹿が多い、そんな町です。

 

古座川町には、ないものがたくさんあります。

信号機もコンビニもありません。そして何より、『人と自然の垣根』がないのです。

鮎やアマゴといった川のめぐみ、鹿やイノシシ・山菜といった山のめぐみ、そして古くから稲作や林業を支えてきた、自然のめぐみ。

人々は今も大自然の中で、すべての命と共に、その一員として生きています。

過剰に奪うことをせず、穢すことをせず、すべての命に感謝しながら、少しだけ人の知恵と手を加えて、豊かに暮らしているのです。

 

 

 

一方で、現代の日本に生きる多くの人にとって、自分たちがたくさんの命と共にあることを意識するのは、難しいことかもしれません。

身の回りには、便利なものが溢れています。

ずっとたどっていけば何かしらの形で、自然の中にあったものを元に作られているはず。

しかし、高度な技術で精製され整えられた結果、自然との結びつきを感じるのは、とても難しくなってしまいました。

 

そんな時代に、人と自然に垣根のない町からできること。

それはすべての命と共に、より豊かなみらいを拓いていくことだと思います。

ただすべての命と共にあるのではなく、人だからこそできる新たな視点や価値を加えて、『拓いて』ゆくのです。

人はその知恵をもって、手をもって、自然が自然のままでは起こせないこと、起こせても時間がかかることを、

効率的に、効果的に起こし、活用してきました。

そしてそれは本来、人の為だけでなく、人にも自然にも喜ばしい『何か』をもたらしてきました。

すべての命と生きるとは、そういうこと。

決して人の為だけに、命を利用しすり減らすことではありません。

人が、すべての命の一員であり続けるように。

そこに新たな視点や価値を加えて、さらなる豊かさが生まれるように。

そんな想いを作物に乗せ、商品に乗せ活動するのが、私たち『あがらと』です。

 

野菜・米・食用薔薇の3つのめぐみ

あがらとでは、農薬・化学肥料・動物性肥料を使わない植物性自然栽培という農法を軸に、3つのめぐみをいただいて事業を行っています。

栽培方法についてはこの冊子の中で説明していきますが、まずは、それぞれのめぐみを簡単にご紹介。

 

1.野菜のめぐみ

 西洋野菜と一般野菜を織り交ぜた、多品目栽培を行っています。

 多品目栽培は、気候変動による収穫量への影響を最小限にとどめるだけでなく、山間の比較的小さな農地を有効活用でき、

 植物同士が良い影響を及ぼし合う、自然のことわり・地のことわりに即した選択です。

 食べ物は人がたくさんの命と共にあることを実感する、最も身近で日常的な存在。

 野菜を通して、その普遍的な事実を見つめ直すきっかけになればと考えています。

 

2.お米のめぐみ

 古座川町で古くから親しまれた『香り米』を中心に、手植えや手刈り、天日干し等の伝統的な農法を織り交ぜて栽培を行っています。

 町内でも流通が途絶えていた香り米を、復活させる形で栽培を開始。

 香り米の栽培をきっかけに町内の先輩方からもご指導をいただき、関係性も格段に深まりました。

 去年のめぐみを糧にして、今年のめぐみを育む。

 そうして遥か昔から伝え紡がれてきた稲と人の歴史から、人としての在り方を学ぶ、そんな機会にもなっています。

 

3.食用薔薇のめぐみ

 薔薇はクレオパトラの時代から人々に愛され親しまれてきた、人との関りが最も深い花の一つです。

 その美しさで人々を魅了するだけでなく、美容や健康面でも様々な効果効能が知られる、まさに花の女王。

 一方で、薔薇が食べられることは、ほとんど知られていません。

 薔薇を味わうという特別な体験が、その育て方や背景、ひいては自然全体のことを考え、感じるきっかけになることを願っています。